• 医局員専用
  • 大学病院ホームページ
  • 産業医科大学若松病院

医局の歴史

歴代教授 | 神経内科の変遷 | シンポジウム

             7月

年  表
1978年 4月 産業医科大学病院が発足し、同時に神経内科は村井由之教授、井上尚英助教授、山下順章講師、本村暁助手で開設
1980年 5月 白石悟先生が助手として、鹿児島大学医学部第三内科から有村公良先生、有村由美子先生が助手として着任
1983年 4月 山下順章講師は松山赤十字病院神経内科部長として赴任し、大石智也先生が講師に、魚住武則先生、橋本朋子先生が助手に着任
1983年 6月 本村暁助手が講師に昇格
1983年 8月 本村暁講師が国立別府病院神経内科部長として赴任し、九州大学神経内科から辻貞俊先生が講師に着任.山本辰紀先生が助手に着任
1984年 4月 井上尚英助教授が産業生態科学研究所の環境中毒学教授に就任し、九州大学神経内科から大西晃生先生が助教授に着任
1984年 7月 産業医科大学1期生が入局
1984年11月 第91回日本神経学会九州地方会主催(北九州市)
白石悟助手が講師に昇任し、同年12月に退職
1985年10月 第91回日本神経学会九州地方会主催(北九州市)
白石悟助手が講師に昇任し、同年12月に退職
1987年10月 第7回産業医科大学国際シンポジウム主催(北九州市)
1990年 6月 九州大学心療内科から宮田正和先生が学内講師として着任し、心身症(心療内科)の診療を開始し、心療内科グループが開設
1990年 9月 第111回日本神経学会九州地方会主催(北九州市)
宮田正和学内講師が講師に昇格
1991年 3月 第214回日本内科学会九州地方会主催(北九州市)
1993年 8月 第4末梢神経研究会学術研究会主催(福岡市)

第1回産業医科大学神経内科同門会
1995年12月 第132回日本神経学会九州地方会主催(北九州市)
産業医科大学病院副院長
1997年 3月 村井由之教授が定年退職、産業医科大学名誉教授
1997年 4月 辻貞俊講師が第2代教授に就任
大石智也講師が退職し、魚住武則先生が講師に昇格
山本辰紀先生が学内講師に昇格
2000年 8月
           12月
大西晃生助教授が退職
魚住講師が助教授に昇格
2001年 3月

             9月
橋本朋子助手が講師に昇格、松永薫先生が学内講師に昇格
第153回日本神経学会九州地方会主催(北九州市)
宮田正和講師が退職
2002年 4月
             6月
九州大学心療内科から岡孝之先生が講師(心療内科)に着任
赤松直樹助手が学内講師に昇格
2003年12月 第164回日本神経学会九州地方会主催(北九州市)
2004年 3月
           10月
松永薫学内講師が退職
第8回国際誘発電位シンポジウムを主催(福岡市)
2006年 3月
             4月
           10月
橋本朋子講師が退職
赤松直樹学内講師が講師に昇格、由比友顕助手が学内講師に昇格
第176回日本神経学会九州地方会主催(北九州市)
2008年 5月 岡孝之講師が九州大学心療内科准教授に就任し、6月に九州大学心療内科から小山直己先生が講師(心療内科)に着任
2009年 3月
             9月
           11月
小山直己講師が退職し、9月に林晴男先生が講師(心療内科)に着任
第187回日本神経学会九州地方会主催(北九州市)
第39回日本神経生理学会学術集会を主催
2011年  3月
             4月


             6月
林晴夫講師が退職
産業医科大学若松病院が開院し、魚住武則准教授が若松病院に神経内科部長として赴任(臨床教授)、赤松直樹講師が准教授に昇格、由比友顕学内講師が講師に昇格、岡田和将助教が学内講師に昇格
児玉直樹先生が講師に着任(心療内科)
2012年 3月
             9月
           11月
辻貞俊教授が産業医科大学医学部長に就任
第199回日本神経学会九州地方会主催(北九州市)
第30回日本神経治療学会学術総会を主催(北九州市)
2013年 3月
           10月
辻貞俊教授が定年退職、産業医科大学名誉教授
第47回日本てんかん学会学術総会を主催(北九州市)
2014年 3月
            4月
            7月
赤松直樹准教授,由比友顕講師が退職
名古屋大学神経内科から足立弘明先生が第3代教授に就任
岡田和将学内講師が講師に昇格